TOP

カードローンランキング

| カードローンの利用で注意すべきこととは?

TOPページ
ナンバーワン、1位、2位、3位、4位、5位ランキング、ベスト10、ベスト5、ランク
審査項目、年収、職業、他社の借入、借金、消費者金融キャッシング審査、カードローン審査、診断、仮審査
キャッシングバンク
実質年率
4.5%~18.0%
限度額
500万円
審査スピード
申込み完了画面に表示(※l)
融資スピード
最短即日(※l)
来店有無
不要(※l)
担保・保証人
不要
実質年率
4.5%~17.8%
限度額
1~500万円
審査スピード
最短30分
融資スピード
即日融資も可能
来店有無
不要
担保・保証人
不要
実質年率
4.7%~18.0%
限度額
500万円
審査スピード
最短30分
融資スピード
即日融資も可能
来店有無
不要
担保・保証人
不要
実質年率
4.9%~14.5%
限度額
500万円
審査スピード
当日中
融資スピード
即日融資も可能
来店有無
不要
担保・保証人
不要
実質年率
4.5% ~ 9.8%
限度額
500万円まで
審査スピード
当日中も可能
融資スピード
即日利用も可能
来店有無
不要
担保・保証人
不要
実質年率
4.9%~18.0%
限度額
300万円
審査スピード
当日中
融資スピード
即日融資も可能
来店有無
不要
担保・保証人
不要
トピック
(三井住友カード)利息最大3ヶ月キャッシュバック!!
即日融資について
お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
(※)
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

職場、友人、家族に知られずに済ませる対策

会社(人事担当、総務、同僚、上司)や家族(配偶者、親、子供)に知られる事なくカードローン利用する為の対策はあります。
知られること無くカードローンを利用するには
キャッシング・カードローンを利用していることは、あまり知られたく無いものです。 「借金を抱えているというイメージ」「浪費癖があるのではないか」「お金のトラブルを抱えているのではないか」など 妙なうわさが広まる可能性さえあります。人によっては絶対にバレてしまっては困ることがあるでしょう。 知られてしまうようなケースはいったいどうしたシチュエーションで発生するのでしょうか。 まずは、その可能性を探っていきましょう。

知られてしまうシチュエーション
1.審査:キャッシング/カードローン事業者の電話における職場への在籍確認
2.自宅:契約書類やカード発行の郵便物が送られてきてしまう
3.自宅:利用明細書の郵便物がとどいてしまう
4.携帯時:財布などでキャッシング事業者のカードを携帯しているとき
5.ATM:専用ATMや窓口で借入・返済しているとき

このような状況が考えられます。
キャッシング/カードローン事業者の電話における職場への在籍確認
キャッシング・カードローンの申し込みを済ませると、次に審査を受ける事になります。 各社審査内容に違いはありますが、会社の在籍確認は方法に違いはあれど、ほとんどの事業者が実施しています。

※ モビットのPC・スマートフォンからWEB完結のシステムの場合は、”電話連絡なし”

「仕事をしている」それを返済能力ありと判断することができます。 返済能力の無い人には、事業者がお金を貸し出すことはないと考えてください。 お金を貸して戻ってくる保証がある人、その可能性が高い項目から順に合否判定されていきますが、 仕事をしていない場合は、すぐに「否」の判定が出る事になるでしょう。
在籍確認:ケース1(カードローンで多い)
●●銀行の△△と申します。■■さんはいらっしゃいますか?
在籍確認:ケース2(キャッシングで多い)
△△と申します。友人の者ですが、■■さんはいらっしゃいますか?
カードローン系の場合は、銀行名を名乗るケース、キャシング系の場合は、個人名を名乗って呼び出しをしているのが現状です。 ●●カードローン、●●金融といった言葉を出さないように配慮してくれます。 また、本人が在籍していることさえ確認できれば、二度と連絡が来るようなことはありません。 場合によっては、本人が不在でも問題無く処理が進むことがあります。
郵便物の問題:契約書類や専用カードの郵便物、明細票
専用カードを申し込んだ場合、専用カード、契約書類が郵便で送られてきます。 また、利用明細などに関しても同様で自宅に届きます。 一人暮らしであれば問題無いでしょう。しかし、家族、恋人といる場合は、郵便物から知られてしまいます。 キャッシング、カードローンで申し込み、そして審査通過後は、必要書類の受け取りが物理的に発生してしまいます。 郵便物の受け取りを拒むわけには行きませんので、自ら書類を受け取りに出掛けるという選択があります。 しかし、受け取り先が遠方だったりすれば、実質困難です。 怪しいものではない書類で有ることをあらかじめ伝えておく方法があります。
カードローンの場合
●●銀行の口座開設を解説したのでその資料が届くなど。
キャッシングの場合
クレジットカードの書類が届くなど。 アコムは”クレジットカード”機能があります。また郵便物の表記も「ACマスターカード」と記されています
封筒には社名は入る?利用明細は?
郵送書類の外観が、キャッシング、カードローンを連想させるようなものであっては元も子もないでしょう。

銀行系の郵送書類は、その銀行名で記載されます。全ての銀行を調査したわけではありませんので、 契約時に確認するようにしましょう。当サイトにおいても、調査中で判り次第ご提示させて頂きます。

新生銀行カードローン レイクの場合、封筒には「新生銀行」のみ記載があり、カードローンレイクの記載は外観上分からないようになっています。 利用明細書に関しては、明細書を受け取らない設定が可能なので、直ぐに止めるようにしてください。 この点において、銀行系カードローンは誰にも知られずに利用できると言えるでしょう。

キャッシング(貸金業法で営む事業者)の場合は、封筒に社名が記載されていますので、郵便物が届く事自体にリスクが伴います。 したがって、郵便物の止めて受け取らないようにすることで回避する事ができます。 審査通過後の契約時に郵便物停止を申し伝えるようにしてください。
フトした行動で、カード保持が知られてしまう
財布の隙間からカード類が見えてしまう角度、財布自体に気密性が無い場合などで、他者に知られてしまうようなケース。 また、家の机に置き忘れ、しまい忘れなどで家族、遊びに来ていた友達に知られてしまうリスクがあります。 カードといっても、レンタルカード、定期券、クレジットカードなど多種多様です。 キャッシングやカードローンと判別できてしまうカードである事に問題があると言えます。 大手キャッシング事業者では、クレジットカードが付帯されたカードローンのカードがあります。

アコムのクレジットカードは、クレジットカードにしか見えない


新生銀行カードローンレイクの場合は、新生銀行のログのみでカードローンのカードと判別することはできないように配慮されています。

専用ATMの利用時で知られてしまうリスク
ローン事業者の専用ATMや窓口での利用は避けるべきです。利用している姿を目撃されてしまうリスクがあります。 このようなリスクを回避するにはどうしたらよいか。今は、ほとんどのキャッシング・カードローン事業者は、 銀行口座への振込サービスをおこなっています。 また、提携先が多い事業者は、提携しているコンビニATMがあるので、そこでの利用ならば知られることはありません。 また、24時間いつでも借り入れ、返済が可能です。更にリスクを回避するなら、利用時間が少ない空いた時間を利用すべきでしょう。 新生銀行カードローンレイクの提携先ATM:セブン銀行(セブンイレブン)、ローソン、E.NET(ファミリーマードなど)。 アコムに関しても、セブン銀行(セブンイレブン)、ローソン、E.NET(ファミリーマードなど)と業務提携しています。
アコム
金利
限度額
返済方式
4.7%~18.0%
500万円
定率リボルビング方式
審査時間
即日借入
年齢
最短30分
即日融資も可能
満20歳~満69歳
借入口座
借入ATM自社
借入ATM提携
借入窓口
借入NET
借入ATMコンビニ
返済口座
返済ATM自社
返済ATM提携
返済窓口
返済NET
返済ATMコンビニ
お申込み
お知らせ
◇24時間いつでもお申し込み可能。お申し込み当日のご融資も可能です。
◇24時間・年中無休のアコムATMをはじめ、三菱東京UFJ銀行やコンビニATMでお借入・ご返済可能!
◇インターネットからのお申し込みで、契約時間を短縮できます。
新生銀行カードローン レイク
金利
限度額
返済方式
4.5%~18.0%
500万円
残高スライドリボルビング方式または元利定額リボルビング方式
審査時間
即日借入
年齢
画面に審査結果を表示
即日融資も可能
満20歳~ 満70歳
借入口座
借入ATM自社
借入ATM提携
借入窓口
借入NET
借入ATMコンビニ
返済口座
返済ATM自社
返済ATM提携
返済窓口
返済NET
返済ATMコンビニ
お申込み
お知らせ
◇24時間いつでもお申し込み可能。お申し込み当日のご融資も可能です。
◇新生銀行ATMをはじめ、レイクATMやセブン銀行ATM・ローソンATMでお借入・ご返済可能!
◇インターネットからのお申し込みで、契約時間を短縮できます。

キャッシング基礎知識 記事一覧

  • 第一回 キャッシングとは
  • 第二回 キャッシングまでの流れ
  • 第三回 キャシングにおける返済方法
  • 第四回 キャッシングのおすすめポイント
  • 第五回 会社の違いによるキャッシング
  • 第六回 キャッシングの審査
  • 第七回 キャッシングで注意したいこと
  • メニュー

    ランキング・比較!

    各社情報

    一般知識